40代の眼??

知り合いに教えていただいて知ったのですが昨日の朝のNHKの番組「あさイチ」にて40代の目について特集されていました。
僕は申し訳ないのですが番組を見れてないのですがあさイチさんのHP上で内容が少し確認でき、拝見しました。

 

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170817/1.html

 

内容は40代の疲れ目は老眼だけが原因ではなく、「斜位」や「遠視」が不調の原因もあると紹介されておりました。それと自覚症状が少ない「緑内障」の内容でした。

疲れ目に対して
僕は決して、疲れ目は40代の方だけがなるとは思っておりません。もっと若い方もなり得ると思っています。
30代の僕も6年前までは疲れ目が酷く慢性的な頭痛、肩凝りそして読書嫌いの人間でした。

今の僕に検査を指導していただいた吉祥寺のオプテリアグラシアスの伊藤氏に眼を検査していただいて、斜位や遠視があることを知り、遠視、そして斜位を矯正するプリズムを処方された眼鏡を掛けてから驚くほど、僕の体は改善され、今では読書はすらすら違和感なくできております。

その改善した驚きを知り、僕は伊藤氏からその検査を学び、今のgreen opticalの検査に繋がっております。

 

ちょっと、話が脱線しちゃいましたが、、、、、、笑

 

僕は斜位に対しては殆どの方が眼のズレはあると思っております。そして、その斜位を調べる検査は当店ではごく当たり前のように検査をしており、斜位の矯正が必要ならプリズム処方をしております。

眼鏡を作る上で一般的な屈折検査(近視や遠視、乱視)のみだけでは機能面がしっかりしている眼鏡は作れないと僕は考えております。
斜位検査もして、ようやく眼鏡の処方が出来ると考えています。

今回のあさイチさんの特集は数多くの方に知っていただく為にとても有難い内容でした!

眼精疲労、斜位、慢性的な頭痛、首肩凝りなどの不調がある方はそれらを得意としている眼科さん
もしくは「両眼視機能検査」をおこなっている眼鏡屋さんに行かれることをお勧め致します。