乱視の未矯正

初めてgreen opticalへお越しいただいた

 

お客様、(B様・男性)は

 

営業職の方で夕方になると物がダブって見える、眼精疲労が起こると仰っておりました。

 

今ご使用の眼鏡を拝見し、目を検査してみると

 

強めの乱視があることがわかりました。

 

そして、今お使いの眼鏡は乱視未矯正でした。

 

お客様自身もお使いの眼鏡を購入なされた眼鏡店さんでは

 

「B様の乱視は慣れにくい乱視なので入れるはやめましょう」と言われたと仰っておりました。

 

僕はその眼鏡の度数を見て推測できたのが乱視分を近視へ等価球面していると思いました。

(乱視分を近視へ入れ込む)

 

 

今回、当店では乱視を入れた処方をし、まわりを見ていただいたところ

 

B様は「物がくっきり見える、なんか近くも楽に見えます。違和感も無いですよ」と仰られました。

 

乱視は角膜乱視と水晶体乱視の2つがあります。

 

これらの乱視を調べ、考慮した乱視度数を入れることによって見え方が向上したり、体の不調も和らぎます。

 

 

僕は作り方さえ間違えなければ、乱視を入れた眼鏡は使用できると考えております。

 

乱視の違和感のクレームを恐れ、違和感やクレームが少ない近視に逃げるのが

 

一般的な眼鏡店のやり方です。

 

それでは本来の見るための機能を眼鏡に取り入れられていないと思います。

 

僕は正しい眼鏡矯正をし、そして機能的な眼鏡に仕上げることが

 

眼鏡の役割だと考えております。

 

B様と同じような症状がある方は今一度、眼鏡や目を

 

信頼できる眼鏡店さんでお調べなされることをお勧めします。

 

本日のブログは乱視についてでした。

 

それでは〜

 

****************************************************************************************************************************************************

*green opticalでは予約優先のシステムもございます*

眼鏡選び・検査・調整・相談など、ご予約をいただきますと優先にご案内させていただきます。

・1人 2時間制

OPEN / 10:00-19:00   CLOSE / 水曜日

 

TEL:0493-81-6252

CONTACT HOME:http://www.green-optical.com/contact

 

ご予約は電話もしくはCONTACTホームにて承っております。

 

*****************************************************************************************************************************************************