白内障手術後、物が二重に見える

本日お話させていただくのは

先日、初めてご来店くださったC様(仮称)70代 女性のお話です。

 

C様は2年ほど前に白内障の手術をなされました。

 

手術後、半年経っても見え方の調子が悪かったそうです。

 

悩み

・「物が二重に見える」

・車の運転時も白線が二重に見えて怖い

 

これらの悩み(不調)があり、真っ先にC様は手術をなされた眼科さんへ行き

相談なされたそうです。

 

そこでの診断は「乱視」。

乱視入れた処方箋を出してくれて眼鏡を作られたそうです。

 

乱視入りの眼鏡は掛けた瞬間は良いのだがものの10分ぐらいで

物が二重に見えて、いつもの症状へと戻ってしまったそうです。

再度、眼科さんへ行き相談をしたところ脳に異常があるのかもしれな?と医師から言われ

慌てて脳外科に行き、MRIを撮ってもらったそうです。

そこでの結果は脳の異常はなし。

 

困り果てたC様はお友達から当店の事を聞き、お越しくださいました。

 

C様の目での不調を細かくお聞きし

僕はお医者様ではないのですが、何か?お力に慣れる事がないか?と思い

目の検査をさせていただきました。

 

検査結果は

遠視性の目であったのと、強めの乱視でありました。

ですがそれ以上に検査をしてC様の目を疑ったのが

大きな視線のズレです。

C様の目はリラックスするとすぐに内側に向いてしまう内斜位とい目でした。

この大きな視線のズレ(内斜位)は白内障の手術をなされてから出てしまったのか?どうか?は

僕には確信できないのですが白内障の手術をする前は「物が二重に見える」事はなかったとC様は

仰っておりました。

 

今回、遠視と乱視、そして内斜位の矯正(プリズム)レンズを入れて

試し検眼枠で実際にまわりや道路の白線など見ていただいたところ

「二重に全く見えない」と

C様は涙を流しながら大変嬉しがってくださいました。

 

僕は僕でC様のお力に少しでも立てれた事が本当に嬉しく思いました。

 

そして、C様へ出来上がりの眼鏡をお渡しさせていただいた時

C様「兄ちゃん、私と同じように困っている人がいたらこれからも助けてあげてください」

とお言葉をいただきました。

僕はC様に言われた通り、全力でgreen opticalにいらっしゃるお客様の目を見させていただきます。

 

眼鏡という可能性を信じ、これからも頑張っていきたいと思います!!

 

それとgreen opticalと同じ検査のサービスを他の眼鏡店さんで受けれると思われたら

それは間違いと思ってください。

詳しく検査に取り組んでいるところはあまりないのが現状ですし、

それが今の日本の眼鏡業界なのです。

 

眼鏡はお洒落に似合う眼鏡を掛けるのは当然ですが

ご自身の目に合うレンズにするのも眼鏡にとって大事な要素なのです。

 
本日のブログは少し堅苦しくなってしまいましたが読者の方(業界以外)には
しっかりと読んでいただきたい思います。
 
わからないことがありましたら気軽にご質問してくださいね。
 
 
それでは〜
 
 

****************************************************************************************************************************************************

*green opticalでは予約優先のシステムもございます*

眼鏡選び・検査・調整・相談など、ご予約をいただきますと優先にご案内させていただきます。

・1人 2時間制

OPEN / 10:00-19:00   CLOSE / 水曜日

 

TEL:0493-81-6252

CONTACT HOME:http://www.green-optical.com/contact

 

ご予約は電話もしくはCONTACTホームにて承っております。

 

*****************************************************************************************************************************************************