眼鏡が与える機能

僕は今までお客様の眼鏡をお作りしてきて

僕が作った眼鏡で眼精疲労や頭痛や肩こりが治ったと仰る方や軽減したよ。と

言ってくださる方がいます。

 

僕は決して特別な魔法のような事をしているのではなくて

しっかりとお客様の不調を聞き、そしてお客様の目と向き合い、

片眼遮蔽屈折検査・両眼解放屈折検査・両眼視機能検査をおこない、

色んな角度から目を調べて、その結果を元に眼鏡を製作した事だと考えております。

 

昨日、出来上がりの眼鏡をお渡しをさせていただいた方

A様・女性(30代)は極度の頭痛・肩こり・眼精疲労・物が二重に見えてしまう

症状をお持ちでした。

 

1年前くらいから今の症状があらわれたそうです。

 

頭痛薬を飲み、整体には週2で通われている生活を送られているそうですが

全く良くならず、ネットでたまたま当店のブログを読まれて、和光市からお越しくださいました。

 

眼鏡の使用はあるそうですが車に乗るとき以外はなされないそうで

実際にお持ちの眼鏡の視力を調べて見ると右0.4 左0.3 両眼0.2という視力でした?

 

ここで僕はあれれ??おかしいな、両目にすると視力が片目視力よりか落ちてしまうなぁ。。。。。。と

思いました。

 

そして早速、調べて見ると 近視+乱視+内斜位という目の状態でした。

 

近視+乱視だけの処方では両目の視力が頑張っても0.5程しか上がらず、

そこでな内斜位を矯正するプリズムレンズを入れると、ひょいと1.0まで視力が両目で上がりました。

 

結果的にA様は斜位が原因で両目で物を見る機能が正確に使われていなかったのだと

考えます。

また、見え難いのに無理に物を見る行動から体に負担を掛けてしまって、体の不調を訴えてしまったのかと思います。

 

出来上がりの眼鏡を掛けたA様は「眼が楽で、楽にモノが見えます。

あと、二重に見えることも眼鏡を掛けたらなくなりました」と仰れました。

 

A様からこの言葉を聞けて僕は少しほっとしました。

 

ただ、作製をした眼鏡によって見えるようになるだけではなくお身体の不調が軽減、

もしくは改善してくれる事を僕は心から願っているのです。

 

今回のA様のように目の不調や原因不明のお身体の不調でお困りの方は気軽に

ご相談いただければと思います。

 

眼鏡を掛ける全ての方がより良い視生活を送れるよう僕は全力でおこないます。

 

それでは〜

 

 

****************************************************************************************************************************************************

*green opticalでは予約優先のシステムもございます*

眼鏡選び・検査・調整・相談など、ご予約をいただきますと優先にご案内させていただきます。

・1人 2時間制

OPEN / 10:00-19:00   CLOSE / 水曜日

 

TEL:0493-81-6252

CONTACT HOME:http://www.green-optical.com/contact

 

ご予約は電話もしくはCONTACTホームにて承っております。

 

*****************************************************************************************************************************************************

 

 

**********************************

ZEISS レンズキャンペーン中

期間:2 / 10 (sat) – 3 / 31 (sat)

 

新製品 EnergizeMe の発売を記念し、レンズキャンペーンをおこないます。

 

EnergizeMe(エナジャイズミー)レンズとは??

目をリフレッシュさせるためのZEISS社独自のレンズ設計のレンズです。

・ワイドでリラックスできる視界

・シャープでストレスフリーな視界

・デジタルによる眩しさと目のストレスを軽減

 

とても高品質でクリアな視界です。遠近両用レンズに慣れなかった方にも

大変オススメなレンズですよ。

 

・期間中の特典

期間中、ZEISSレンズをご購入いただいたお客様に

ZEISS専用BOX(メガネ拭き&クリーナ付き)を

先着にプレゼント致します。

 

この機会にZEISSレンズをお試しなられてはいかがでしょうか??

 

****************************************************************************************************************************************************