フィッティング(調整)について

たまあに当店でご購入された方から聞かれるのが 眼鏡のフィッティングってなぁ~に?とか フィッティング、はじめてしてもらったとかを言われます。   フィッティング(調整)は眼鏡を作製をする中でとても大切要素の1つでもあるのだが フィッティングを味わった事がないユーザーが実際にいらっしゃる。   まずフィッティングをしないと、どんなデメリットがあるのか、お伝えをしますね。   ・ズレ落ちてきたり、装用感に違和感がでる。 ・度付レンズの場合、アイポイント(レンズと眼の位置)がズレて見え方に違和感が出て しっかりとした見え方にならない、しっかりと矯正された眼鏡にならない ・似合っている眼鏡でもフィッティングがされていないと残念な見た目になってしまう ・・・・・などなど   フィッティングをしないと光学的にも見られた雰囲気も良くないのです。   ちゃんとフィッティングをしてもらえる眼鏡屋さんを選びましょう。   green...

ご家庭で眼鏡のお手入れの仕方

お作りいただいた眼鏡が末永く使用できるよう 眼鏡もお手入れが必要となります。   本日はご家庭で出来るお手入れについてお話を致しますね。   お手入れ手順 1、水洗い 水道水(冷水)でレンズ表面の異物を洗い流します。   2、水気を押し拭き ティッシュペーパーで軽くレンズを押さえるようにして水気を 拭き取ります。   3、綺麗な布でレンズを拭く 拭くレンズの外側を持ちながら、レンズを優しく拭きます。       拭き方のポイント!! ・サンドイッチをつまむくらいの優しい力で拭く。 ・中性洗剤で定期的に洗濯をした綺麗な眼鏡拭きを使いましょう。   これは絶対にダメ! ・ゴシゴシと強く拭く ・チリやホコリがついたまま拭く     じゃぁこんな時はどうするの??   レンズにチリやホコリが付着している 砂やホコリが付いたままレンズを拭くと、キズを付ける事があります。 まずは水洗いをして、ティッシュペーパーで水気を取ってから、レンズ専用のメガネ拭きで 拭いてください。     レンズの汚れがひどい場合 薄めた中性洗剤で洗った後に、水洗いをして拭いてください。 アルカリ性・酸性の洗剤はコートが剥がれる原因となるので使用しないでください。     メガネが濡れた メガネ拭きですぐに拭いてください。そのまま放置すると、レンズに付いた水あとが シミのようになって取れなくなります。 また、フレーム部の濡れは金属部のサビや樹脂の変色・変質の原因となります。   以上がご家庭で簡単に出来るお手入れ方法となります。   それでは~!!  ...

リペア

当店では眼鏡の販売だけではなく、リペアもおこなっております。   先日、ご依頼をいただいたリペアをご紹介したいと思います。   *他店ご購入の持ち込み眼鏡 *素材:セルロイド製   *リペア内容 ・鼻盛り→鼻パット付きに変更 ・耳に掛かるテンプルエンドを1㎝カット     ・鼻盛り (ビフォアー) 直す前の写真を撮り忘れていた為、例画像として上げときます。     ・鼻パッド付に変更(アフター)       ・耳に掛かるテンプルエンドを1㎝カット(アフター画像のみ)   お客様は大きめの眼鏡を掛けたかったそうでこちらの眼鏡を購入なさました。 フィッティングを何回か試したものの、通常の状態だとお鼻の当たりが悪かったり テンプル(ツル)が長すぎたりして、耳が痛くなったりしていました。 それを改善すべくリペアさせていただきました。 リペア後のお客様には大変、喜んで頂きました^_^   今回、ご紹介させていただいたようにお気に入りの眼鏡の掛け心地等の不具合などが ございましたらお気軽にご相談下さい。                      ...

プラ系のメガネのズレには。

 わたし(えっと。。店主の妻です^^)は、どうやら鼻が低いらしく。。。  アセテートなどでできているプラ系のフレームのなかで  ノーズパッドが低いものは鼻幅に合わず下がりやすくなってしまいます。     ...

2017年の営業スタート

みなさま、新年明けましておめでとうございます。 本日よりgreen...

Repair

こんにちは。 green...