たかが眼鏡。されど眼鏡。

殆どの方が眼鏡なんて、よく知らないと僕は思っています。 だけど、眼鏡を知り、自分に似合う眼鏡を身に着けると、とても気持ちが良いのです。 見え方もただ遠くが見えるのではなく、目に負担がない見え方ができると尚更です。 十人十色。 まわりと一緒ではなく、あなただけの眼鏡スタイルをご提案しますよ!!   って偉そうに書きましたがそういう僕も眼鏡については今でも勉強中なのです(笑) 今日、お客さんに眼鏡について聞かれて、わからなかった事があったので 少し時間をもらって調べたりもしてましたから。 わからない事を知ったかするのだけはしたくないですからね。(笑)   今日のブログは日記のようになっちゃいましたがお許しください。   それでは~。            ...

Lesca French vintage

当店の取扱いの中に新たなブランドが仲間入りしました。   ブランド : Lesca (レスカ)   国:フランス 「French Heritage(フランスの伝承)」と自分たちの活動をそう呼んでいる Lesca家のメガネブランド。 フランスの眼鏡の産地である、ジュラ地方で20世紀初頭よりLesca家は眼鏡に携わってきました。 1964年に自身のブランド Lesca LUNETIER(レスカ ルネティエ)を立ち上げ、以来ジュラ地方の伝統的な眼鏡製法や フレンチトラッドなデザインのエッセンスをアップデートさせて行く活動を続けてきました。   そこでLescaには2つのコレクションに分かれています。 一つが新規に眼鏡を製造する レスカ・ルネティエ  コレクション。 もう一つが1950~70年代にかけて製造され、その後工場に未完成の状態で保管されていた作品を 当時の製法で作り上げられ再生し世に出される レスカ・ヴィンテージ コレクションがあります。     先に当店へ ヴィンテージコレクションが入荷して参りましたのでご紹介させていただきます。         Lesca Vintage   Crown Panto(クラウンパント) 8㎜    COL.Black     Crown Panto(クラウンパント) 8㎜        COL.Dark havana     Crown Panto(クラウンパント) 6㎜       COL.Black (SOLD...

Carl Zeiss 取扱いスタート

この度、170年の歴史を持つ   ドイツの老舗レンズメーカー「Carl Zeiss社(カールツァイス)」のレンズを取扱いスタートいたしました。   170年以上、光学的分野で世界をリードし今なお進化し続けているカールツァイス。 世界最高技術で作られる完全オーダーメイド設計のレンズは、 お客様へ世界最高峰の視界を提供してくれます。 私の体験ではレンズ越しで見る装用感が良い意味で とても明るいが最初の印象でした。   最高峰のレンズで眼鏡をお考えの方、是非カールツァイスをご堪能なされてはいかがでしょうか。 Carl Zeiss HP : https://www.zeiss.co.jp/vision-care/ja_jp/home.html   Source:ZEISS   ...

CLAYTON FRANKLIN 遅れて入荷

ドメスティックブランド CLAYTON FRANKLIN(クレイトン フランクリン)から 秋にオーダーした作品が入荷いたしました。   CF-616 col.DM   少し大き目なボストンシャイプなコンビネーションモデル。 フロントのセル生地は上下で艶消しと艶有りになっていて セルでブローを表現したような作品になっております。 クレイトンさん流石ですね!!(笑)   クレイトンのDMカラーは肌馴染も良いのでこの手のモデルをお探しの方はトライしやすいと思います。   是非、お手に取ってお試しください。...

遠近両用は使いづらい?

遠近両用は「使いづらい」、「見えづらい」、「慣れにくい」 レンズと仰る方をよく耳にします。 本日はちょっとその事についてお話したいと思います。 昔の遠近両用はレンズの下の方に境目があるバイフォーカルというレンズでした。 それから40年後に累進という遠くから近くの度数に変化をする遠近両用が開発されました。 1本の眼鏡で遠くも近くも見え、境目も無いレンズなのでそれは画期的なレンズでした。 ですが、その当時のレンズは歪みも多く、クラクラして掛けていられないというクレームの声があり、その声が 大きくなって遠近両用は使えないレンズと思われる方が増えたのだと僕は思います。 先輩から聞いた話ですがその当時販売をしていた眼鏡店さんは慣れてくださいの一点張りとだったそうです。 お客様は折角、良いと思って大金を出して作ったのにそのような状態なら遠近両用が嫌になるのは無理はないとおもいます。   その後レンズメーカーは改良を重ねて、歪みが少なく快適に使用できる素晴らしいレンズを開発をしました。 ただ、レンズメーカーがどんなに良いレンズを作っても眼鏡屋側が作り方を間違えたらそれまでなのです。 眼鏡作りの五大要素 フレーム・レンズ・検査・加工・フィッティング すべてがマッチしてはじめて使用でき、 それだけ遠近両用を作るのに技術を必要とするのです。   遠近両用に再度、トライするのは勇気が必要だと思いますが 今の遠近両用は数年前とは違います。 是非、遠近両用が必要な方には当店が取り扱う 最新の遠近両用レンズをお試しいただきたいと思います。                                    ...

眼鏡サイズ選び

洋服と同じように眼鏡にもサイズがあります。   お顔の横幅、奥行き、目の間の距離もそれぞれです。   あまり堅苦しく考える必要はないのですが、 店員さんに自分に合うサイズをいっしょにみてもらうことがおススメです。   おなじサイズでもフレームデザインによっては雰囲気が変わったりもします。   なので、自分はこれは似合わないな~と思うデザインでもいろいろかけてみて欲しいと思います。   自分は眼鏡似合わないから!と思っている方、   ぜひgreen opticalで眼鏡選びを楽しみましょう。絶対に似合うサイズ&デザインありますよ。    ...

遠近両用デビュー

うちの奥さん。36歳です。 目が疲れるということで検査しました。 お店をはじめてから PCに向かっている時間や事務的な作業で近くを見ている時間が増えたために 今の眼鏡では遠くは問題ないが近方の作業は無理がある事がわかりました。   目的距離に対し調節力が低下し、弱かったのではじめての遠近両用レンズとしてデビューとなりました。 室内用として中近両用も考えましたがはじめての累進レンズでもあるので 遠方視野が落ちるのも、嫌だったようで最初は遠近両用で。   また、奥さんは近視や遠視や老眼とは別で外斜位という目でもあるのでプリズムを入れて作製。   外斜位とは何??ですが 僕に検眼を教えていただいている 吉祥寺の先輩の言葉がわかり易いので少しお借りすると、、、目には気をつけしている時と休めをしている時がある。 休めをしたときに外に向いてしまう目を外斜位といいます。 休めのとき(リラックスゾーン)が外に向いてしまう目なので、目を内側に寄せるのが苦手で PC作業や手元作業時は疲れやすいのです。   そのような目にプリズムというレンズを使用し、無理な力を減らし楽に 近くの物が見えるように作製をしたところ楽になったようです。   外斜位のほかに内斜位や上下斜位がありますが うちの奥さんのように外斜位の人は世の中に多いと聞いています。 また実際、うちにご来店してくださった方の目を見ると、外斜位の方は多くいらっしゃいました。 このように近視や遠視や乱視、老眼プラス斜位を調べるのは検査において とても必要であると考えています。 斜位を矯正することでお身体に感じていた不具合が軽減することも伝えていきたいと思います。                                 それでは~!!                      ...

冬の方がサングラスが必須

良く夏場になるとサングラスを掛ける方やご注文を下さる方が 増えますが、冬場の方が掛けた方がいいのですよ~。 理由は冬の方が夏に比べて太陽の光が低い位置にあって、有害な紫外線が目に入りやすいのです。 なので紫外線は肌だけじゃなくて、目にも悪影響を及ぼすのですよ。 じゃぁどのような悪影響(眼病)かというと、白内障であったり、加齢性黄斑変性症や雪眼炎(スキー場や山に行く人)だったり、、、、、 サングラスをすることによって、それらがケアできるってことなんです。   なので是非!!冬場もサングラスをご活用してくださいね!!   それでは~    ...

目に見えない違和感

眼鏡を作るのに五大要素が必要と以前のブログに書いたと思います。 (フレーム・レンズ・検査・加工・フィティッング)   その中で、本日は加工についてお話をさせていただきますね。   うちで2~3か月前にお作りいただいた眼鏡が調子が良いので   持っているフレームにレンズ交換をしてほしいと再度、ご来店くださったお客様のお話です。   お持ちいただいた眼鏡は一年前に他店さんで購入された眼鏡で、どうも見え方の調子が良くなく掛けていなかったそうです。   その眼鏡を確認したところレンズ度数は問題ないぐらいでした。   ただ、レンズにたくさんの歪みが入っていることがわかりました。   歪みというのはフレームに対してレンズが大きかったり、フレームカーブにレンズが合っていないと起こる現象で   歪みが有るか無いかは歪み計というもので確認できます。   歪みが有るせいで良い度数でも見え方に違和感が出たりするのです。   今回はそれが原因でした。   レンズも大きく仕上がっていた為にレンズが変形もしておりました。   その後、うちで新しいレンズで歪みに注意してお渡しさせていただいたところ「使いやすくなった」と喜んでいただきました。   このように歪みがあると見え方に違和感がでたりしますので   当店では機械でレンズを削った後、歪みが有れば手で削っていき歪みがでないように加工しています。   見え方に慣れない眼鏡はレンズ度数や合わないレンズの種類の他に歪みが原因している場合もあることを知って頂きたいと思います。   それでは本日は歪みのお話でした~!!                            ...

Rechild “hiro-R&L”

本日、ご紹介させていただく作品は   Rechild(レチルド)の"hiro"というモデル。     model:hiro-R0 col.C-3     一見、奇抜そうに見える作品ですがフレームカラーも   ナチュウラルブラウンなので特にお化粧をする女性には   肌馴染の良い作品です。   model:hiro-L0 col.C-3   そして、Rechildのブランドコンセプトでもある”利き顔に合った眼鏡”が   馴染むポイントでもあります。   当店に同カラーで右顔用・左顔用を取り揃えておりますので   お気軽にお試しくださいね。         似合う眼鏡にまだ、出会えてない方   Rechildを是非!!お試しくださいませ。                ...