プリズム眼鏡のメリット・デメリット

当店ではざっと、6割ぐらいの方にプリズムを入れた眼鏡を お作りをさせて頂いています。   プリズムレンズを入れるか入れないかの最終的な判断はお客様に お任せしております。   本日はそのプリズムレンズのメリット・デメリットをお伝えをしますね。   入れるメリットとしては 眼の周りの筋力バランスを整え、視機能を高めます。 それにより、眼精疲労や首肩凝り、慢性的な頭痛やめまいなどを軽減してくれる場合があります。 うちのお客様の声を借りると、上記の不具合いがピタリと治まったという方が多くいらっしゃいます。   逆にデメリットは プリズムレンズを入れると、装用感が落ちます。この装用感も個人差があり すんなりと違和感なく掛けられてしまう方がいらっしゃれば 慣れるまで少しお時間をいただくケースもあります。 また、プリズムの眼鏡を掛けると、その見え方に眼が楽を覚え プリズムが入っていない眼鏡との併用、コンタクトレンズとの併用が難しくなります。(コンタクトレンズにはプリズムは入れる事ができない)   上記の事を踏まえて、お伝えをしお客様に判断をいただいております。   また、見え方の保証も一ヶ月ありますので 掛けたばっかりの時は違和感があるのが当然ですので まずは2~3週間ご使用いただいて、それでも難しければ レンズ交換をおこないます。とお客様にお伝えをしております。   それは僕も掛けたばっかりの時は装用感に違和感を感じたのですが 3日、5日、1週間かけ続けたことにより、気づいたら 見え方に慣れていて、それ以上に頭痛や眼精疲労がピタリととまったのです。   なので、慣らすことで、見え方やお身体の不具合が軽減するというご褒美が待っているのです。   それをお客様にも味わっていただきたいと思い、プリズム処方をおこなっております。   ここからはお店側の話になりますが プリズムを入れた処方はレンズの取り換えのリスクも大いにあるので プリズムを入れて処方をする眼鏡店が少ないのも事実です。   僕自身がプリズムの眼鏡を掛けて、眼や体が改善したので それと同じようにリスクよりもお困りのお客様の手助けをこんな僕でもしたいと思い プリズムの検査、必要であればプリズム処方をしているのです。     話がちょっとずれてしまいましたが本日のブログは プリズム眼鏡にはメリット・デメリットがあるよ。のお話でした。   それでは~    ...

似合う眼鏡と目立つ眼鏡は違う

僕はお客様の眼鏡選びでのコーディネートのお手伝いをする際   女性の場合は眼鏡で「どれだけ美人になれるか。」 男性の場合は眼鏡で「どれだけカッコよくなれるか。」 そして、異性にモテる眼鏡はどれか?? トータルバランスを 重要視してご提案させていただいております。   今でも眼鏡はダサくなるアイテムとして掛けるのを否定的に感じてらっしゃる方も 多くいらっしゃるのも事実です。   以前、ご来店なされた女性のお客様で眼鏡に否定的な方がいらっしゃいました。 その方は普段コンタクトを使用しておりましたが大人な眼の状態になったのでコンタクトから眼鏡に移行しようと 考えておられ、うちに来る前にいろんな眼鏡屋さんに行かれて試されたそうですが似合う眼鏡が無かったそうで ひょんな事から当店にお越しくださいました。   そして、眼鏡でマイナスイメージにならづにプラスのイメージへ変化する 眼鏡を購入してくださいました。   ここからが今回のブログで大事なテーマですが その方の会話の中で、TVや巷を見ていても「あの人、似合っていてお洒落だな~」と思う人がいれば 「あの人、眼鏡掛けなければ綺麗なのに何であんな目立つ眼鏡を掛けているのかなぁ~?」とずっと疑問に 思う方も多く見ていたそうです。   その眼鏡も本人が好んで掛けていたり その眼鏡でご自身のキャラクター作りとして掛けているのならまだ良いのですが中には   目立つ眼鏡=お洒落   と思って掛けている方も僕も多く見たりします。   それって、眼鏡屋さんの方にも責任があって目立つ眼鏡を集めて提案して、 買ってもらえれば、うちの眼鏡屋はお洒落な眼鏡屋の部類に入ると 勘違いをしている眼鏡屋も多く存在しているのです。   目立つ眼鏡でも掛ける人を トータルで見てバランスよく、似合っていれば問題ないのですが 眼鏡の目立ちが一歩先にいってしまい、残念ながら ピエロ のような 表情になってしまっていると、本当に残念なんですね。   そうならない為にも、これは僕の持論ですが 眼鏡選びに必要なのは 女性の場合は眼鏡で「どれだけ美人になれるか。」 男性の場合は眼鏡で「どれだけカッコよくなれるか。」 そして、異性にモテる眼鏡はどれか?? 最終的にその眼鏡でのトータルバランスをどうかが大事となります。     今日のブログは   似合う眼鏡と目立つ眼鏡は違うよ。のお話でした。     それでは~                ...

眼鏡嫌いになる悲劇 ①

先日、持ち込みのフレームの調整依頼のお客様がご来店なされました。   1年前に買ったトムフォードの眼鏡が買ったお店に何度も持って行っても 掛かり具合が合わないんです。とのこと フレームを見て調整できるかの判断になり、出来る場合は調整料がかかってしまう旨を お伝えをしてご来店いただきました。   持ち込みのトムフォードの眼鏡を見た時に僕は唖然としました。   持ち込み画像①   持ち込み画像 ②   持ち込み画像 ③ フレームのブリッジから凄く変形をしており 僕は眼鏡を踏んでしまってこうなったのだと思ったら これが眼鏡屋がおこなった調整ともあって僕は物凄く驚きました。 お店で買う前に鏡でみた掛けた感じと調整後の感じでは フレームにカーブ見たいなものがついていて違いが出て見た目も違和感があるのですよ。とのことでした。   確かに仰るとおりでした。   持ち込まれた方のお顔は小顔でフレームサイズも少し大きい感じでした。 ただ、鼻当てをクリングスタイプに変えて、再度調整し直せば なんとかなるかと思い、鼻当てカスタム+再調整をさせて頂きました。   鼻当てカスタムには1週間程掛かりますが仕上がって調整をし直して お渡ししましたら、お客様も「やっとちゃんと掛けれる」といって笑顔で お帰りなされました。   そのお客様との今回の眼鏡での会話の中で 高い眼鏡を販売をしているところで買えば技術等も含めて全て安心だと思ったらそうではないのですね。と 仰られました。   とても悲しい事なのですが   ここからは僕の持論になりますが価格帯が主に3万円以上する今の日本眼鏡店は 主に「カッコいい、オシャレだけに特化しているお店」か「技術だけのお店」・「オシャレと技術の両方に特化しているお店」または「どっちにも力を入れてないお店」 この4つに分かれます。   残念ながら「オシャレと技術の両方に特化しているお店」は僕の知り合いのお店さんではいるのですが 日本全体でみると少なく だいたいのお店がどちらかの1点に特化をしております。 今回、お客様が購入されたお店は「カッコいい、オシャレだけに特化しているお店で技術はあまり得意ではない お店だったのだと思います。   このようにちゃんとした眼鏡を高いお金を出して買おうと思って買ったら 全く使い物にならないのなら安いもので良いや~となったり 眼鏡嫌いになったりと業界にとっては良くない事なのです。   そこで今回のお客様のような悲劇を生まないためにも 僕の業界の先輩が眼鏡版”ミシュランガイド”を作るべきだ!!と 数年前から業界に投げかけており、僕もそれに賛同するようになりました。   それにより、国民の良い眼鏡店選びが簡単になり、 また業界全体の質が上がるのではないかと思います。 今回のようなケースで眼鏡嫌いになる悲劇を生まないためにも業界全体でしっかりと 考えていかないといけない事なのです。     あっそうだ! green...

眼鏡が原因でめまい、肩凝り??

先日、ご来店くださった30代・女性の方は めまい・肩凝りを主にお持ちの方でした。   お仕事柄デスクワークの仕事を1日の大半をなされるそうです。 ご自身は遠くが良く見えるし、眼が悪いとは思わず、ただパソコンのプルーライトをケアするつもりで 度無しのPC眼鏡を使用してデスクワーク作業をおこなってました。   ただ、度無しのPC眼鏡を掛けているのにもかかわらず、眼の疲れは酷く、 それ以上にめまい・肩凝りがとても酷かったそうです。 そこで、うちのお客様のご紹介で当店にお越しくださいました。   以前からお話をしているようにPC用や近く用の眼鏡は目的距離に合わせた レンズ度数が必要で、遠くにピントが合わせやすい眼の方は特に近くの物は 見にくい眼なのです。   今回、目的距離に合わせたレンズ度数にし、ルティーナという青色光を90%カットするレンズに少し カラーを入れてお作りをさせて頂きました。 http://www.tokaiopt.jp/lens/lutina.php   眼鏡をお渡しして2週間後、眼鏡を作ってから仕事も捗り、まして今までの 眼の疲れやめまい・肩凝りがピタリと軽減したと嬉しいご報告をいただきました。   パソコン作業をする方で眼精疲労や慢性的な頭痛・肩凝り、めまいがある方は ちゃんと目的距離に合わせた眼鏡をすることが必要です。 お困りの方はお気軽にご相談ください。            ...

安い老眼鏡と高い老眼鏡の違いって??

ここ最近、老眼鏡を求めにご来店くださる方が増えております。   その方々のお話を聞いてみると今までは1,000円以下の老眼鏡をしようしていたようで 長時間掛けていると、眼精疲労や頭痛が起こるとの事でした。   そこで本日のブログは1,000円の老眼鏡と当店で作る老眼鏡(最低価格一式16,200円)の違いを お話をしたいと思います。   まず、一般的に1,000円以下で売られている老眼鏡は既成品になります。 左右同じ度数で+1.00とか+2.00とか記載されてますよね?? この度数が左右に入っているのですが、まず人間の眼は左右同じ度数になるとは 限らないのです。 ただし、中には眼の検査の結果、同じになる場合もありますがそれは稀です。 そして、左右同じ度数の眼では無いのに同じ度数の既成老眼鏡を掛けると 右目と左目の捉える目的距離の違いにより、眼や頭が疲れ お身体に不具合をきたしてしまうのです。 そして、レンズの種類はノンコートのアクリルレンズですので尚更です。   当店で作る、老眼鏡は目的距離合わせて目を調べ、視機能の検査もおこない 眼のケアも考えた、見やすい健康的な老眼鏡をお作りします。 レンズ素材も良くレンズの種類も豊富にあるので、お使いいただく方に適した 老眼鏡レンズをご提案させていただく、オーダーメイドな老眼鏡ともいえます。     安い老眼鏡を使用することは僕は否定はしませんが 買うときは見えてても長時間使用したら、眼精疲労や頭痛がおこる場合があるということを 頭の中の片隅にに入れててほしいなぁ~と思います。   たかが老眼鏡されど老眼鏡ですね。   本日のブログは老眼鏡についてでした~!! それでは~            ...

子どもの眼は早期発見が大事

http://www.green-optical.com/archives/52664 先日のブログでもお話をしたように子どもの眼は 10歳までは小児眼科にいかれて診断されてくださいね。とお伝えをしました。   ただ、よくあるケースが親御さんが目に不自由を感じていらっしゃらないと お子さんの眼の事も把握できない、わからないケースをよく見かけますし なかなか、眼科さんには。。。。。と行かれないケースや行きにくいケースを耳にします。   http://www.hoshiclinic.jp/ そこで、うちの子どもたちや僕も妻もお世話になっている ほしこどもおとなクリニックさん(小児科・内科・アレルギー科)に スポットビジョンスクリーナーという簡単に目を調べる機械が導入されました。 そして早速昨日、娘を連れていってきました。 http://welchallyn.jp/visionscreener/   6カ月の乳児からの近視、遠視、乱視、不同視、斜視、瞳孔不動などを調べる事が可能との事です。(乳児健診の際もおこなうとの事) そして、眼に異常があった場合は小児眼科への紹介されるシステムとの事です。 僕はこのように町の小児科でまずは簡単な検査を受けれる事は大変、素晴らしいことだと思いますし また、眼科さんへ行き慣れてない方にも喜ばしい事だと思います。   何度も口酸っぱく言いますがお子さまの眼は早期発見が大事になり 早期の訓練が必要となります。 うちの子どもは多分見えているから大丈夫とかではなく、検査を受けたことがない場合は 一度、見ていただくのをお勧め致します。   スポットビジョンスクリーナー 検査 ・原則として乳児まで ・外来の混雑状況により、お待ちになるかお断りになる場合がありますので 行かれる際は一度、お問合せをしてからいかれることをお勧め致します。   本日のブログはお子さまの眼についてでした~!! それでは~!!      ...

デスクワーク ユーザーにお勧めのレンズ

老眼鏡を求めてご来店くださるお客様は多くいらっしゃいます。 一点の手元の距離を見るだけでしたら一般的な老眼鏡で問題がないのですが デスクワークをおこなう方は画面(遠い)の距離とキーボードの距離(近い)が違うため 老眼鏡の場合、どちらかの見え方を少し我慢をしないといけません。 例えば、PCの画面の距離に合わせて老眼鏡を作製した場合 キーボードに対してはPC画面の距離と同じように離れて見られ 逆にキーボードの距離に合わせたらPC画面は近づけて見るようになります。   そこで今回、お伝えをしたいのが「近近両用レンズ」です。   近近両用レンズとは見え方に少し奥行きを出し PC画面の距離とキーボードの距離に合わせてお作りすることが可能なのです。 それにより自然な姿勢で快適にそして画面もキーボードの視野もワイドに見ることが出来ます。   デスクワーク用の老眼鏡を掛けても、見え方に違和感を感じている方は 近近両用レンズをご使用なされても良いかと思います。   当店にはお試しできるテストレンズもご用意をしておりますので お気軽にご相談ください。   それでは~...

“AKITTO” interview

Facebook上ではご紹介をしたのですが ご紹介いたします。   先日、当店お取扱いのeyewear...

Drive Safe レンズの凄さ

現代の車のライトはLEDになり、対向車のライトは眩しいですよね?? 僕もその眩しさに嫌気がさしており、少しカラーを入れた機能レンズを今まで使用したりしておりました。   ただ、色有りだと使用する場所を考えてしまう傾向もあり、無色透明で 眩しさを軽減してくれるレンズがないかなぁ??と思っていたところ ZEISS社が開発してくれました。     それが...